リタイアメントプラン ―セカンドライフへの備え―

ゆとりある老後生活資金は

← 戻る

jin_05_01

みなさまは老後にどのような生活を送りたいですか。
・夫婦で月に一度は温泉旅行に行きたい
・趣味を満喫したい
・お孫さんにたくさんのお小遣いをあげたい
…十人十色のプランがあると思います。
そのプランを実現するには、十分な老後生活資金が必要になってきます。

一般的に老後生活資金は下記の3つをまとめたものをいいます。

生活資金 ⇒ 老後の必要生活費
予備資金 ⇒ 万一のことがあった場合に備える資金
ゆとり資金 ⇒ ゆとりある生活を送るための資金

ゆとりある老後生活を送るために必要なひと月の生活費は、約38万円といわれています。

仮に年金収入が月約23万円(2008年厚生労働省発表の受給額例額を引用・加入されている公的年金の種類によって異なります)だとすると、不足額は15万円となります。この金額は、ご自身で準備しなければなりません。

65歳で退職されて老後生活が20年とすると、

月15万円×12ヶ月×20年 = 3,600万円
約3,600万円を退職までに準備することになりますが、このうちご自身で準備する金額は退職金や企業年金、貯蓄額を差し引いた額になるでしょう。そして、この不足額が老後資金準備の目標額となります

老後資金の準備方法

← 戻る

老後生活資金の不足額をどのように補うかは、ご自身のおかれている環境や考え方によって異なりますが、
jin_11_01

・保険会社の年金型商品
・株式、投資信託
・不動産収入(家賃、駐車場など)
・老後も働く

などさまざまな方法が考えられます。

国の社会保障制度が不透明な時代です。老後生活資金の準備は「早期に」「計画的に」「目的を明確に」行うことをお勧めいたします。

当社では老後生活資金に関して無料でご相談を承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
toiawase

PAGETOP
Copyright © 共進株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.