子宮がんの症状と検査方法

part43_01

内診 指を膣の中に入れ子宮を触診し、子宮の大きさや明らかなコブ、卵巣の腫れなどを診ます。
クスコ診 膣鏡(クスコ)という器具を膣に入れ、子宮の出口のポリープやびらんの診断をします。
細胞診 子宮の出口の細胞を綿棒やブラシでこすり取って悪い細胞がないか顕微鏡で見ます。
組織診 細胞診が疑陽性か陽性の場合に、精密検査として組織診が行われます。
経腟超音波検査
(エコー)
細長い超音波検査具(プローブ)を腟内に挿入し、子宮内や卵巣のようすを映像で見ます。
子宮鏡診
(ヒステロスコピー)
腟より子宮内部に内視鏡を入れ、子宮内腔を観察する検査です。