中皮腫とは

肺や心臓などの胸部の臓器や、胃腸・肝臓などの腹部の臓器は、それぞれ、胸膜、心膜、腹膜と呼ばれる膜に包まれ、体の内側もこれらの膜でおおわれています。この薄い膜には、「中皮細胞」が並んでおり、この細胞に発生する腫瘍が「中皮腫」です。その発生する場所によって、胸膜中皮腫、心膜中皮腫、腹膜中皮腫などがあります。

 

中皮腫は、1か所で大きくなっていく限局性と、膜全体に広がっていくびまん性があり、多くがびまん性に広がっていきます。

 

主にアスベスト(石綿)を吸ったことにより発症し、アスベストを扱う労働者だけでなく、労働者の家族やアスベスト関連の工場周辺の住民にも発生しています。アスベストにさらされることが多く期間が長いほど発症の危険性が高くなります。